ビジネスローンの審査ではどこを見られる?

自営業や中小企業の心強い存在のビジネスローンは、低金利で長期間の借り入れを実現させてくれます。ただ、審査に通過しないと融資が受けられません。ビジネスローンの審査では、どのようなところを見るのでしょうか。

やはり、経営実績が長いほうが信用されれます。設立してから3年以上は経過している方が望ましいです。立ち上げてから間もない会社で、融資が必要なときは、企業者向けのビジネスローンに申し込むとよいでしょう。

また、赤字決算のときも注意が必要です。やはり融資を受けるのが難しくなりますが、場合によっては、審査に通過することもあります。今後、利益が見込めるような経営状態と認められれば、借り入れができることもあります。

そして、税金の支払を滞納していないかどうかも確認します。当然滞納していれば、ビジネスローンは組めない可能性が高まります。なかには、経営状態がよければ滞納があっても融資を受けられることもあります。さらに、経営者自身がローンの返済に遅れがあったり過去に事故情報があれば、審査に受かるのは厳しくなるでしょう。

ビジネスローンの審査では以上のようなところを基準にして審査します。
事前にしっかり確認しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です